お出汁

ひと手間とお出汁があれば、美味しいと言ってもらえる!

投稿日:2019-10-03 更新日:

 

こんにちは、さぴこです。

 

毎日いろいろとおうちごはんを
なるべくからだに優しいかたちで
美味しく作れるように
試行錯誤を繰り返しています^^

 

なるべく油を多く使っての高温調理は
やり方を変えてみたり、
なるべくお砂糖は最小限におさえてかつ
美味しく仕上がるように考えています。

 

毎日のごはんを作っていく中で
ひとつわかったことは、
お出汁を使ったごはんは
美味しいと言ってもらえる!!

お浸しとか南蛮漬けとか、
おばあちゃんが作ってくれそうな
ごはんばかりですが…(笑)

 

 

中華やほかのお料理に挑戦してみると
塩加減や味付けがうまく定まらず、
やっぱりレシピ通りに作ればよかったー!
とか、今度はここをこうしてみよう…など
課題が残ります^^;


これは大豆ミートを使った和風麻婆豆腐。
一見見た目はいいですが
味がうまく入らなくて要改良…。

 

 

しかも、そのお出汁ごはんの中でも
お砂糖をあまり使わないほうが
美味しいと言ってもらえる確率が高いです!

この前、切り干し大根を作ったのですが、
お醤油・みりんと、
少してんさい糖を加えてみたら
少し甘い、と感想をもらって、
お砂糖いれなくてよかったんだな!と思いました^^

 

つまりは、お出汁を活用すると、
最低限の調味料で済むということ。

お出汁に含まれるうま味成分が
しっかりと味の土台を作ってくれるんですね。

 

お砂糖の取り過ぎは、
血液をドロドロにしてしまう原因になり、
それが毒素を溜め込んだり肌荒れに
つながっていきます。

(私が思うのはあくまで摂りすぎの場合で、
お料理にしっかりとした甘味をいれることで
三食の食事にしっかりとした満足感を得られ、
間食をなくすことができると思っています。)

 

お出汁と甘み、そして油脂を
うまくバランスをとって活用すると
とっても美味しいごはんが仕上がります。

 

そして、作ったごはんが
美味しい!!と言ってもらえると
とっても嬉しいですよね♪

私は、無農薬や有機野菜も
もちろん好きですが、
スーパーで手に入る食材を
普段は使っています。

夜遅めに買い物に行って、
値引きの食材を買うこともしばしば…^^


これはおつとめ品だった大根・里芋を
それぞれ下茹でしたあとお出汁で煮て、
値引きシールの貼ってあった
鶏ひき肉をそぼろあんにしたもの。

しっかり下処理とひと手間を加えれば
味がちゃんとしみて美味しく仕上がります♪

 

お出汁さえしっかりと取って、
食材の下処理などをていねいにすれば
安価な食材でも美味しいごはんを
作ることができるということ。

 

おうちでお出汁香る美味しいごはんを
作り続けると、きっとご家族や大切な人との
関係もより深まっていきますね♪

お一人暮らしで、自分へのご褒美や
日々の小さな幸せにもぜひ☆

 

お出汁を活用して、
ほっこり温かい食卓を作ってみてくださいね^^

 

 

レッスン一覧はこちら

 

 

 

-お出汁

Copyright© 料理教室 Laugh a Lot | 京都 , 2019 All Rights Reserved.