【出汁の取り方】おうちで美味しいお出汁が一発で引ける秘訣3つ

この記事で得られること

・美味しいお出汁を引くコツがわかる
・手っ取り早く美味しいお出汁を引けるようになる


昆布やかつお節をちゃんと使って
お出汁をおうちで引きたいけど、
やってみても味が薄かったり、
これでいいものなのか…と自信がなかったり。

毎日のごはんを美味しく作るためにも
お出汁を取り入れることがとっても大切なんですが、
どうしてもハードルが高い・・・。

でも、ちょっとしたコツさえつかめば
美味しいお出汁を引くのって実は簡単なんです。

コツを知らないだけ、なので
それさえわかれば美味しいお出汁は簡単に引けます♪

お伝えしたい科学的な原理はあるのですが、
まずは美味しいお出汁引いてみたいですよね!


先日インスタライブで
簡単なお出汁の引き方をお伝えしたところ、
美味しく引ける人が続出!したので、
本日はその秘訣をまとめておきますね。
▶ちなみに、ライブで美味しく引くことができた方々のご感想はこちら


手っ取り早くまずは美味しいお出汁を取りたい!
というかたはぜひこのコツを意識して
試しにお出汁を引いてみてください♪

きっとお出汁が習慣になること間違いなしです♡


昆布やかつお節も種類によって
出汁の味わいが変わるのですが、
まずはスーパーで手に入るものでやってみましょう!

この記事の最後に、簡単な引き方もご紹介しますので、
この記事を読めば美味しいお出汁をおうちで体感できます!


ぜひ一度おうちでお出汁を取ってみてください^^

それでは、秘訣3つをご紹介します!

▶筆者について
・どんな昆布やかつお節を使っているのか、
・昆布出汁の色と味はどんな感じか、
を聞いただけでそれに合わせた美味しい出汁の引き方がわかるほどお出汁を愛する料理家です。

「お出汁は難しい」というハードルをなくし、
美味しいお出汁を手軽に楽しんでほしい!
そして家族や大切な人に喜んでもらえる
美味しいごはんを作ってほしい!
こんな想いからお出汁の引き方のコツや魅力をお伝えしています^^

詳しいプロフィールはこちら

目次

秘訣① 使うお水は『軟水の天然水』で

基本のお出汁を取るときは、
まず昆布のお出汁を取ります。

出汁の取り方は、
昆布出汁を引いてから
かつお節を入れて漉す、

というのが基本の流れですね!


昆布出汁を取るときは、
・出汁昆布を水に数時間浸す
そして火にかけて沸騰直前で昆布を取り出す

だけでいいのですがそのときに使う水は、

スーパーやコンビニに売られているものでいいので
軟水の天然水を使ってみてください!


なぜなら、
お出汁のうま味成分は軟水で引き出すことができるからです。

天然水でお出汁を取ると、
昆布を水に浸した水出しだけでも
水道水を使うより断然美味しい♪

2リットル100円くらいで購入できるので、
ぜひ最初は天然水でお出汁を引いてみましょう。

ちなみに、昆布の水出しのコツは

昆布を天然水に浸したら、
冷蔵庫で水出しをしてください。

なぜなら、
昆布出汁は湿気や気温によって出汁の出具合が変わるからです。


部屋の空気がジメジメしていたり、
気温が暑かったりすると同じ昆布を使っても
出汁が全然出ないんですよね…。


なので、梅雨の時期や夏場は必ず冷蔵庫で。

せっかく昆布を買って出汁を取っても
うまく出来なかったらもったいないですもんね!


鍋ごと冷蔵庫に入れるでもいいですし、
麦茶ポットなどのボトルで昆布を水に浸けてもいいです。

水出しする時間はだいたい2、3時間くらいで大丈夫。
しっかり引きたかったら一晩おいてみてください。

というわけで、
昆布出汁を一発で美味しく引きたかったら
【天然水を使って冷蔵庫で水出し】
これを覚えておかれてくださいね。

秘訣② 昆布を水に浸けたら味見をして!

おうちでお出汁が美味しく引けない理由のひとつは、
そもそも昆布出汁がきちんと引けていないということ。

ほとんどのかたはお出汁を引くとき、
『昆布の水出しがきちんと出ているのか』
なんて確認はしないですよね。

でも、ここで確認しないまま昆布出汁を火にかけて
かつお節との合わせ出汁にしてしまうから、
結果として薄くて美味しくないお出汁になってしまうんです。

なので、昆布出汁を冷蔵庫で数時間浸したあとは
火にかける前に必ず味見をしてください。

出汁を取るときは、とにかく味見を!


ここで昆布の出汁がしっかり引けていたら
中火でワーッと沸かしてもいいですし、

もし昆布の味が薄かったら
・弱火でゆっくり煮だすか
・もう1枚昆布を足して煮だすか

をして昆布のうま味をしっかり出してから
お出汁を引くことができます。

火にかける前にきちんと味見をすることで
そのときの出汁の出具合に合わせた取り方をすることができ、

どんな出汁素材からでも美味しくすることができるんです。


「こ、昆布出汁を味見?!」
と思うかもしれませんがこれが本当に大切!

みんなそれぞれ持っている昆布も違えば
同じ昆布でも日によって出汁の出具合は違います。

日によって味が違うと感じられるのは
味見をするようになったら
きっと感覚がつかめますよ♪


なので、とにかくこまめに味を見て
【素材のうま味(=出汁)がどれくらい出ているのか】
を確認するクセをつけていきましょう。

味見で判断する目安は

ちなみに味見をしたときに、
昆布出汁がどれくらい引けているかの目安は
飲んでみたときに「うわぁ、昆布の味だぁ」
感じるくらいがちょうどいいです!笑

昆布出汁だけだとそんな感動するほどの
美味しさではないんですよ…笑
なので、昆布を感じられればオッケーです!


お出汁のあの感動するほどの美味しさは
昆布とかつお節が合わさってこそ生まれるもの。

なのでまずは基盤となる昆布のお出汁を
ここでしっかり引き出しましょう。

そのための味見、ですね!

味見をちゃんとして自分の五感で感じながら
出汁を取ってみてください。

秘訣③ かつお節はあなたが思うより2倍入れて

最後のポイントはかつお節にあり、です。

お出汁が美味しく引けない最大の理由は
かつお節の量が少ないこと!!

かつお節をケチってしまう、というか
こんなもんでいいか…と量を少なく入れていませんか?

かつお節の量を少なくしてしまう気持ちは
すご~~くよくわかるんですが、
かつお節が少ないと味が薄くてボヤけたお出汁になってしまいます。

せっかく昆布出汁が美味しく引けても
最後のかつお節が少なかったら
美味しくならないので、すごくもったいない!


また、できたお出汁が薄いと美味しくないだけでなく、
料理に使うときにも調味料をたくさん使ってしまうハメに。


減塩で健康的に、
そして美味しく作るためのお出汁なのに
調味料をたくさん入れてしまったら
お出汁の魅力もなくなってしまいますね。

なので、お出汁を一発で美味しく仕上げるためにも
かつお節はしっかり多めに入れましょう!

感覚としては、
あなたが思うよりも2倍3倍は入れてみてください!
「こ、こんなに入れるの…?」と思うくらいで
ちょうどいいと思います。

安価なかつお節でもいいので、
ワサ~っとちょっと贅沢に!


かつお節を気持ち多めに入れてあげると
出汁の味もしっかりしますし、
色もしっかり黄金色になりますよ。

また、沸騰した昆布出汁にかつお節を入れてあげると
ふわぁ~っと最高に良い香りがしてきますので
この香りをしっかり感じることもお忘れなく♪

出汁を自分で引く最大のメリットは
この引きたての香り!

想像しただけで幸せな気分になります…


というわけで、
【かつお節はワサッといれるもの】という感覚を覚え、
いつでも美味しいお出汁を引けるようになりましょう。

ひとつかみや入れる量の目安は

かつお節を使う量の目安ですが、
ひとつかみは『大きめのお茶碗に山盛り1杯』くらい。

そして昆布出汁と合わせるときは、
水(昆布出汁)の量にもよりますが、
だいたいふたつかみくらい入れてみてください。

お鍋にかつお節をまんべんなく入れて
あまり隙間がないくらいですね!

このくらいしっかり入れてあげると
ちゃんと美味しいお出汁になりますので
ぜひチャレンジしてみましょう。

お出汁の取り方は

お出汁の取り方は基本的には、
・昆布出汁を引き、
・かつお節を合わせ、
・そして漉す

という流れです。

とはいえ、お出汁を引くのって
・なにが正解なのかわからないし、
・やってみても美味しく引けない

という悩みが生まれますよね。

そんなあなたのために、

感動するほどの美味しいお出汁が
おうちで引けるようになる、

TORICO流お出汁の引き方マスター講座を
動画教材にてご用意いたしました。

こちらのレッスンをご受講いただくと
その日からおうちで美味しいお出汁が引けるようになります。

あなたに合わせた美味しいお出汁の引き方を
わたしが直接レクチャーする特典

今ならついていますので、
ぜひこのマスター講座で一生もののスキルとなる
お出汁の引き方を習得しましょう。

一度引き方の絶対的コツを知ってしまえば
この先もずっと自信をもってお出汁を引けますよ。

お出汁は自由に、そして五感で引く

いかがでしたでしょうか。

  • 軟水の天然水を使う
  • 昆布出汁をまず味見する
  • かつお節を自分が思うより数倍多く入れる

お伝えした秘訣はほかでは聞いたことのない
目から鱗な内容ばかりだったと思います♪

とにかくお出汁は自分の舌で感じる味わいや
昆布とかつお節が合わさったときの香り、
つまり味覚や嗅覚の自分の五感使って引くことが大切なんです。


それができるようになると、
どんな昆布やかつお節からでも
自由自在に引くことができるようになりますよ♪

自由に美味しく引けたら、
毎日のごはん作りが本っ当に楽しい♡!


まずは美味しいと体感するため、
お出汁を引くという感覚をつかむため、
この秘訣を意識してお出汁を引いてみてください。

美味しいお出汁が引けたら、
ぜひ!ご感想をお聞かせくださいね♪
公式LINEはこちら


お出汁さえあればあなたのごはんは
感動するほど美味しくなります^^

自分の五感を研ぎ澄ましながら
ぜひわたしと一緒にお出汁を引いて、
感動するほどの美味しいごはんを作りましょう♪

ではまた♡


この度、ご好評だったお出汁の引き方基礎講座が動画になりました!

お出汁を引けるようになりたいけど、
・美味しく引けない
・正解がわからない

とお悩みをお持ちのあなたのために。

お出汁を引く上で大切なのは、
温度や煮る時間だけでなく
そのときの環境や素材の状態によって
引き方を変えること。


ぜひお出汁の本質と基礎を学び、
おうちで美味しいお出汁を引けるようになりましょう。

講座の詳細はこちら

もっとお出汁について知りたい方はこちら!

これを読むとお出汁がわかる!
今まで美味しくなかった理由がわかる!

おさえておきたいお出汁の基礎はこちら♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お出汁を愛する料理家。
美味しいお出汁の引き方やお出汁ごはんを作る
お出汁教室を京都市にて運営。

「美味しいごはんで大切な人の喜ぶ顔が見たい」
そんな想いからお出汁を引くになりました。
特技は、『昆布出汁の色や味を聞くだけで
最適なお出汁の引き方を提案できること♪』

お出汁は難しいものではありません。
毎日のごはんにこそお出汁を活用すべきもの。
お出汁さえ美味しく引ければ、
毎日のごはんは魔法がかかったように美味しく、
毎日が感動の連続に。
ぜひわたしと一緒に感動のお出汁を引き、
お出汁ごはんライフを過ごしていきましょう。

目次
閉じる