プロフィール

 

さぴこ(峰村 咲子)

神奈川県出身 京都市在住

 

神奈川県の湘南界隈で生まれ育つ。
大学では世界の貧困などの国際協力を専攻し、アメリカ留学やフィリピンにてNGO研修などを経験。

卒業後、フロリダディズニーワールドの日本食レストランで寿司シェフとして勤務。

帰国後、音楽レーベル会社の社長秘書や、老舗京料理店の仲居の経験を経て、現在は京都にて、料理教室を開催している。

肌荒れやストレスによる過食、生理不順などのからだの悩みをずっと抱え、栄養学に基づいた腸を整える食事法を学び、資格も取得。

その資格をいかして現在は、お出汁を活用してこころとからだが整う料理を伝えるとともに、外国人向けにヴィーガン和食の料理教室も開催

食べることを通してひとりでも多くのひとが幸せになること、食べるものの大切さを伝えることを目標とし、活動中。

 

 

所属団体


日本インナービューティーダイエット協会 講師
日本ヴィーガン・ベジタリアン和食料理教室協会 BentoYa Cooking 京都支部専任講師

 

活動実績


2018年1月 (社)インナービューティーダイエット協会にて講師活動開始
         ・インナービューティープランナー養成講座 和食講師
         ・インナービューティー和食マイスター講師

2018年6月 独自での料理レッスン開始

2018年9月 インナービューティーサミット(六本木ヒルズ)に登壇

2019年1月 BentoYa cooking京都支部専任講師として活動開始
     (外国人向け和食料理教室)

2019年10月 不定期カフェの開催開始

2019年12月 ラジオ大阪でのイベントにレシピ提供と登壇

 

執筆実績

オーガニックwebマガジンサイト『IN YOU』にて、定期的な記事の執筆経験

ダイエットwebマガジンサイト『FYTTE』にて、記事の執筆

食の情報発信サイト『日本全国お取り寄せ手帖』にて、記事の執筆

美容系webサイト『A-beauty』にて、記事およびレシピの提供

雑誌『PHPスペシャル2019年7月号』にて、レシピ監修および記事の掲載

 

 

 

ご挨拶

こんにちは。

ブログにお越しいただきありがとうございます(^^)

「からだの内側から輝き、笑顔あふれるわたしに。」

をコンセプトに、お出汁を活用して美味しくヘルシーを叶えるお料理をお伝えしております咲子と申します。

 

からだの健康も、こころの安定も全ては毎日の食事からということ。

そして毎日を楽しく過ごすことで、人生はもっと輝くものになる。

 


私たちのからだ、そして感情は自分が食べたものでできています。

新鮮な食材から栄養を摂ることで、穏やかな気持ちが生まれる。

なので、日々幸せを感じながら生きていくには「毎日の食生活」が何よりも大切です。



ヘルシーで美味しい食事を毎日摂ることで、キラキラと自信を持って生きていける。

そういう人が一人でも増えれば、人生はもっともっと楽しく、輝きを増していくと思います。

 

ですが、

▶健康的な食事を作ろうと思っても、
調味料を極端に減らし過ぎるとどうしても味が美味しくなかったり…

▶美味しい食事を食べようと思ったら、
ついつい栄養に欠ける食事になってしまったり…

▶料理を頑張ろう!と意気込んでも、
作り方の基礎や美味しさの生み出し方がわからないと、うまくできなくてなかなか毎日続かなかったり…


毎日のごはんを作るだけでも大変なのに、健康的かつ美味しい料理を日々作るのって本当に大変です。

健康的なごはんが大事だということはわかっていても、なかなか作れないんですよね。

 


なので、ぜひ「出汁」を日々の生活に取り入れていきましょう。

なぜなら出汁を活用すると、

・料理が格段に美味しくなり、自炊が楽しくなる
・甘いものや揚げ物を自然とやめられる
・シンプルな食事でもしっかり満足することができる
・味覚が整い、減塩が叶う
・大切な人の笑顔を生み出すことができる

といったメリットがたくさん。

ハードルの高いイメージがあるお出汁ですが、おうちで美味しいお出汁は簡単に引くことができます。

出汁を活用ことで「美味しくヘルシーな料理を毎日無理なく自炊して、日々の食生活を自然と豊かにすること」ができる。

その結果として、からだとこころが整い、自分に自信を持ってキラキラした日常を送れるようになります。

 


『ひとりでも多くのかたに、からだの内側から輝いてほしい』

これがわたしの想いです。

 

一緒にお出汁にハマり、笑顔あふれる毎日を過ごしていきましょう(^^)

 

 

 

 

 

私と料理の話

今でこそ自炊は毎日楽しくしておりますが、たった4年ほど前までは料理をしたことがありませんでした。

さぴこ
実家暮らしだったので、母の料理に甘えていました…!

 

お味噌汁も作れない、みりんを入れる意味もわからない、お出汁の存在も知らない…、そのくらい無知だったんです。

なのでまずお伝えしたいことは、今、料理が得意でなくても絶対に大丈夫!

お出汁を味方につければ、料理は格段に美味しく作ることができます(^^)

 

 

そんな自炊と全く無縁だったわたしが、なぜ料理教室を始めるまでに至ったのか。

過去の経験や悩みを少しお話させていただきます(^^)

 

 

日本食が全く作れないと気づいたアメリカ生活

大学を卒業後、アメリカフロリダ州に渡米し、ウォルトディズニーワールド内の日本食レストランで寿司シェフとして勤務していました。

さぴこ
カリフォルニアロールを巻きまくりました…!

 

このときは寮生活だったので、ここで初めて自炊をしてみるのですが、全く作ったことがなかったわたしは、ほんだしやうどんスープの素の使い方さえ知らず、「自分は料理ができないんだ…」ということに気づきます。

それでも日本食は恋しくなるばかりで、改めて日本食の大切さを実感。

 

自炊ができないわたしは、現地のスーパーで売っているマカロニ&チーズや宅配ピザを日常的に食べます。

そんな生活をしていた結果、7キロ増加。

 

 

\どーーーーん/

さぴこ
えらいこっちゃな写真…(笑) これはこれで楽しい思い出!w

 

 

この経験から、

・ちゃんとごはんを自分で作れるようになろうという決心が芽生え、

・日本食は日本人に合ったヘルシーな食事だということを実感しました。

 

 

 

からだの不調が当たり前の毎日

帰国後は、都内で社長秘書の仕事や老舗京料理店の仲居の仕事に就きます。

ですが、休みがなく終電までの長時間労働、不規則な生活が続き、

・やめたいのにやめられない真夜中の暴飲暴食

・常にからだの疲れが取れない

・ちょっとしたことでイライラしやすい

・常に肌が荒れていて、自分に自信を持つことができない

・生理不順、重い生理痛

・常に甘いものを欲する

という悩みを常に抱えていました。

 

なぜイライラしやすいのか、

なぜ甘いものがやめられないのか、

なぜ生理不順が続くのか、

このときは解決方法もわからず、どうすることもできませんでした。

 

 

毎日の食べるものでからだが変わる


そんなときに、栄養学と腸を整える食事法があることを知ります。

食事でからだを変える。

肌や体型など見た目を変えたいわたしは、迷わずその世界に飛び込みました。

 

腸内環境を整えることでキレイな血液が生まれ、からだが少しずつ生まれ変わっていく。

食べる物を整えるだけでひとはこんなに変わるんだ、とびっくりしました。

 

なにより驚いた一番の変化は

『こころが穏やかになったこと』

イライラしなくなり、自然と明るく振る舞えるように。

 

肌がキレイになれればそれでいい、

そう思っていたわたしでしたが、こころが穏やかになったことで毎日の暮らしがもっと輝きだしました。

こころから健康になり、自分に自信をもっていつでも前向きなわたしに。

いままでの自分がガラッと変わった瞬間でした。

 

 

 

 

お出汁で毎日の自炊がもっと美味しく健康に

 

ヘルシーな料理のまま、もっと美味しさを追求したい。

そんなときにふと、出汁という存在に出会います。

『出汁か…、出汁ってよくわからないな、やってみよう!』

と、すぐスーパーに駆け込んで添加物入りの出汁パックを買ってみます。

 

 

初めての出汁パック。

これがめちゃくちゃ美味しい。

 

それでそのまま大根の煮物を作ったらこれまた美味しい。

 

『う、うま…!出汁ってこんなに美味しくなるの…?!』

 

と、衝撃でした。

 

そこからお出汁でつくるごはんにハマり、味噌汁や煮物を作り続けます。

不思議と和食ばかりでも全然飽きないんですよね。

 

さらにお出汁にハマり続けて変わったのが、

・仕事中の間食がなくなった

・仕事が終わったら早く帰って自炊したい!と思うようになる

・外食やそとのお惣菜を食べたいと思わなくなる

ということ。

 

これにもびっくり!

自分でつくるごはんが美味しいから、自炊がとっても楽しくなりました。

そのときは知らなかったのですが、出汁には砂糖や油脂と同じ依存性があります。

なので、出汁にハマると甘いものや揚げ物を自然とやめられる。

まさにわたしはお出汁にやみつきになっていました。

 

 

味覚も変わるので、コンビニのごはんなどの濃いごはんも口に合わなくなりました。

昔はケーキも2、3個ペロリでしたが、いまは1個でじゅうぶん過ぎるくらい。

食べるのも年に1、2回あるかないかです。

 

 

おうちのごはんがおいしいと自分に自信がつく。

 

なにか嫌なことがあっても、美味しいごはんを作って自分を癒すことができるようになりました。

そして、美味しいごはんは家族やお友達、大切な人の笑顔を生み出すことができます。

 

美味しく、こころとからだが整うごはん。

毎日がもっともっと輝く暮らし。

 

そんな日々の食生活の大切さをもっともっと伝えたくて料理教室を始めました。

ひとりでも多くの女性が毎日の自炊を楽しみ、こころから笑顔になれる日々を送ってほしい。

いまお悩みを抱えているかたも、絶対に大丈夫です。

 

毎日食べるもので、ひとは必ず変わります。

 

からだの内側から輝き、笑顔あふれるライフスタイルを一緒に送っていきましょうね(^^)

 

 

 

峰村咲子

 

2019-05-22

Copyright© 料理教室Laugh a Lot | 京都 , 2020 All Rights Reserved.