【レシピ】無添加で出汁トマパスタ|冬のトマトの摂り方

毎週木曜日にお届けしているお出汁ごはんのレシピ。

本日は、お出汁を活用して作るトマトパスタ!

コンソメやケチャップいらずでも、ちゃんと美味しく作ることができます。

今回は、トマト缶と冷凍シーフードミックスを使うので、

・切るのは玉ねぎとにんにくだけ!

・フライパンひとつでできる!

・所要時間は15分~20分!

と、簡単に作ることができます^^

トマトを冬の時期に食べるときの注意点もお伝えしながら、レシピをご紹介してまいります♪

目次

トマトを冬食べるときは

トマトは夏の代表的な野菜ですね。

いまはもうスーパーで通年売られているのでいつでも食べられますが、夏野菜を冬に食べるのは少し注意が必要。

夏野菜は、からだを冷やしてしまう作用があるからです。

冬にからだを冷やしてしまうとからだの不調の原因にもなってしまいます。

なので、トマトを冬に食べるときは、必ず温める調理で食べましょう♪

サラダよりも、

・トマト鍋

・トマトスープ

・トマト煮込み

などなどですね!

トマトに限らず、食材は旬を意識して食べるのがとっても大切。

その季節ごとに必要な栄養が摂れるからです。

ぜひこの『旬』を意識しながら、食べる物を選んでいきましょう。

さて今回のレシピは、そんなトマトをしっかり温めて食べるレシピ!

無添加でつくるのはもちろん、パスタソースだけでなく煮込み料理のベースにも使えるレシピです♪

この冬、温かいトマト料理をぜひお召し上がりください^^

レシピ

出汁トマパスタ

材料(2人分)

カットトマト缶 1缶

冷凍シーフードミックス 200g

玉ねぎ 1/2個

にんにく ひとかけ

パセリ トッピング用

オリーブオイル 大さじ1程

かつお出汁 100ml

塩・こしょう

塩麹 大さじ1 (塩でも可)

醤油麹 大さじ1 (醤油でも可)

バター 10g

step
1
かつお出汁を取る

鍋に水100mlを加え沸騰させる。

沸騰したら火を止めて、5gほどのかつお節を加える。

3分ほど経ったら、箸でかつお節をすくい上げる。

step
2
材料を切る

玉ねぎとにんにくを粗みじん切りにする。

step
3
炒める

フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくと玉ねぎを中火できつね色になるまで炒める。

きつね色になったら塩ひとつまみを加え、下味をつける。

step
4
シーフードミックスを加える

シーフードミックスは冷凍のままフライパンに加え、溶けるまで炒める。

step
5
トマト缶などの材料を加えて煮る

トマト缶、かつお出汁、塩麹、醤油麹、こしょうを加えて中火のまま5分ほど煮る

step
1
バターを加えて完成

最後にバターを加えて混ぜ合わせ、味見をして味を整え、完成!

トッピングに刻んだパセリ、もしくは乾燥パセリをふる。

ポイント

鶏肉や豚肉で作りたい場合は、シーフードミックスとかつお出汁を抜いてください!

①最初にお肉を炒めてバットにあげておく。

②玉ねぎとにんにくを炒めたあと、お肉を加える。

この工程でやってみてくださいね♪

パスタソースでなく、煮込み料理にも活用いただけます☆

冬はホットにいただこう♪

今回は、かつお出汁を活用することで、コンソメやケチャップいらずの無添加でトマトパスタソースを作るレシピのご紹介でした♪

かつお出汁を取る時、きっとかつお節の香りがふわっと香ること間違いなし^^

毎日つくるごはんにこそお出汁を活用し、しあわせ満たされる日々を過ごしていきましょう♪

つくれぽ、お待ちしております♪

お作りいただいたらぜひご感想やお写真など、ぜひお送りください♪

公式LINEより、ぜひご連絡お待ちしております^^

毎週のレシピ配信のお知らせも公式LINEからお送りしております!

友だち追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お出汁を愛する料理家。
美味しいお出汁の引き方やお出汁ごはんを作る
お出汁教室を京都市にて運営。

「美味しいごはんで大切な人の喜ぶ顔が見たい」
そんな想いからお出汁を引くになりました。
特技は、『昆布出汁の色や味を聞くだけで
最適なお出汁の引き方を提案できること♪』

お出汁は難しいものではありません。
毎日のごはんにこそお出汁を活用すべきもの。
お出汁さえ美味しく引ければ、
毎日のごはんは魔法がかかったように美味しく、
毎日が感動の連続に。
ぜひわたしと一緒に感動のお出汁を引き、
お出汁ごはんライフを過ごしていきましょう。

目次
閉じる