【レシピ】簡単に作れて素材のうま味たっぷり|白菜のおかか醤油バター蒸し

 

11月も終わりに近づき、朝晩の冷え込みが一層強くなってきましたね。

 

冬の時期は風邪をひきやすいですが、健康でいるためにはとにかく、

・からだを温める

・乾燥させない

ことを意識してみてください^^

 

体温が一度下がると免疫力が30%低下するといわれています。

また、ノドなど口腔内が乾燥していると、

そこからウイルスが侵入してきてしまうんですね。

 

なのでわたしは腰のあたりにカイロを貼り、

加湿器を常備、日中は緑茶をこまめに飲むようにしていますよ~♪

 

さぴこ
カテキンで殺菌作用も!

 

からだを温めつつ、からだをしっかり潤して、毎日を過ごしていきましょう。

 

 

さて、そんな豆知識は置いといて、本日のレシピ配信は、

冬が旬の白菜を使った、パパっと作れる簡単ごはんをご紹介いたします^^

お出汁を使っていないのに、素材のうま味がたっぷりなのも魅力♡

 

材料を切って煮るだけなので、15分~20分で出来上がる♪

温かいおつゆも飲めるように作るので、まるでスープのような煮物

 

ぜひおうちで作っていただけたら嬉しいです♪

 

 

目次

白菜のおかか醤油バター蒸し

 

白菜  1/8個

舞茸  1パック

エビ  1パック(10尾ほど)

酒  大さじ1ほど

バター  5gほど

醤油  大さじ半分

おかか  軽くひとつかみ

ブラックペッパー

★白菜でなくてもキャベツと人参だったり、お好みの食材でお作りいただけます!

★エビでなくても、お肉や鮭などでも作れますよ♪

 

 

step
1
エビを酒につける

エビは臭みがあるので、酒に漬け5分ほど置いておきます。

 

step
2
白菜を切る

白菜は食べやすい大きさにざく切りします。

舞茸は食べやすい大きさに割いてください。

 

step
3
鍋で食材を煮る

鍋にお水を鍋底1㎝くらいまで注ぎ入れます。

そこに白菜、舞茸、えびを入れ、蓋をして中火で煮ていきます。

5分ほど、白山の芯が少し透明になって火が通るまで煮てください。

 

さぴこ
最初のお水は少ないですが、野菜ときのこから水分が出てくるのでちょうどよくなります♪

 

 

step
3
味付けをしていく

食材がくたっと煮えたら調味料を加えていきます。

バター、醤油、おかかを加え、蓋を開けたまま5分ほど煮ます。

 

さぴこ
おかかを入れると風味が良くなるだけでなく、醤油の量を抑えることができます♪

 

最後に、ブラックペッパーをかけて完成!

 

ポイント

最後、水溶き葛粉を加え、とろみをつけるとなお身体が温まります^^

水溶き葛粉は、葛粉と水を大さじ1ずつ混ぜ合わせたものを鍋に加えてください。

片栗粉でもいいのですが、葛粉のほうがからだを温める効果が期待できるので、寒い時期は葛粉がおすすめ♪

 

 

工程がわかりやすい動画はこちら

 

作り方はこちらもご参考になると思います^^

(最近、英語インスタ始めました♪)

 

 

おつゆまで味わって♪

かつお節を活用しているので、調味料は少ないのにおつゆまで美味しい♪

ぜひスープ感覚でおつゆまでお楽しみいただけたら嬉しいです。

 

野菜やきのこから出るお出汁、そこにかつお節があいまって、うま味たっぷりの一品^^

 

おかか香るこちらの簡単おかず、おうちで作ってみてください♪

美味しいごはんで、しあわせ満たしましょう^^

 

 

 

 

つくれぽ、お待ちしております♪

お作りいただいたらぜひご感想やお写真など、ぜひお送りください♪

公式LINEより、ぜひご連絡お待ちしております^^

友だち追加

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

お出汁を愛する料理家。
美味しいお出汁の引き方やお出汁ごはんを作る
お出汁教室を京都市にて運営。

「美味しいごはんで大切な人の喜ぶ顔が見たい」
そんな想いからお出汁を引くになりました。
特技は、『昆布出汁の色や味を聞くだけで
最適なお出汁の引き方を提案できること♪』

お出汁は難しいものではありません。
毎日のごはんにこそお出汁を活用すべきもの。
お出汁さえ美味しく引ければ、
毎日のごはんは魔法がかかったように美味しく、
毎日が感動の連続に。
ぜひわたしと一緒に感動のお出汁を引き、
お出汁ごはんライフを過ごしていきましょう。

目次
閉じる