お出汁

無添加の出汁パックの味が薄いとき!美味しくするための対処法3つ

2020-09-21

 

お出汁の料理教室をしているわたしがいつもお伝えしているのが、

出汁パックでもいいのでまずは毎日お出汁を取り入れましょう

ということ。

 

忙しい毎日のなかで、毎日昆布から出汁を仕込むのは大変です。

できないこともないのですが、面倒になってきてしまうと出汁を取るのが嫌になります。

 

一番大事なのは、お出汁を継続すること。

 

お出汁を毎日取り入れることによって、

・甘いものや揚げ物を欲さなくなってくる

・濃い味のお惣菜が口に合わなくなってくる

・美味しく作れるから自然と自炊したくなる

など、少しずつからだが整っていきます。

 

 

そして、『出汁を引く』ということを大切にしてもらいたいのです。

『今日はちゃんと出汁を引いて美味しいごはんを作ろう。』

と、暮らしを楽しむためのものだと感じてほしい。

 

なので、ぜひ出汁パックもうまく活用しながら日々の自炊をしてみてください。

いまは無添加の出汁パックがスーパーにも売っていますよ。

 

とはいえ、無添加の出汁パックって味が薄いことが多いんです…!

味が薄いと、結局味付けのときに調味料を多く足すことになります。

なので、出汁はしっかりうま味を引き出すことが大事。

 

本日は、わたしがよくやる対処法をお伝えいたします(^^)

もし薄かったらぜひ試してみてください!

 

 

 

まず出汁ってなに?

 

一応出汁についてもお伝えしますね。

さぴこ
料理初心者だったころのわたしは出汁が何なのかさえ知りませんでした。

 

お出汁とは、素材からうま味を抽出した液体のこと。

日本の基本的なお出汁は、昆布とかつお節

 

精進料理を作りたいときは、かつお節の代わりに干しシイタケなどの乾物をつかいます。

また、地域によっては煮干し(いりこ)を使ったりもしますね。

 

なので、出汁パックも基本的には昆布とかつお節の合わせ出汁

ときどきそれにプラスして、干しシイタケサバ節なども入っている場合もあります。

入っているほうが、より味わい深い出汁が取れますよ。

さぴこ
これは、無添加出汁パックだと味が淡泊すぎるから入っているんだと思います!

 

 

出汁は、うま味のかけ合わせ。

昆布だけの出汁よりもかつお出汁が合わさったほうが美味しいのは、うま味がかけ合わされているからです。

そこに干しシイタケやサバ節・煮干しが加われば、もっとかけ合わされる。

 

 

出汁を取ってみて、美味しくない・薄いと感じた場合は、

・まずちゃんとそれぞれのうま味が引き出せているか

・違う成分のうま味成分がかけ合わされるか

これを意識してみてくださいね。

 

 

無添加の出汁パックがうすいときの対処法

 

さて、では無添加の出汁パックが薄かったときの対処法3つです!

添加物入りの出汁パックは、いろんな味が添加されているのでそれだけでじゅうぶん。

無添加の出汁パックを取ってみて、もし味が薄いな~と思うときは試してみてください♪

 

 

水から煮出してそのあと放置

出汁パックには、沸騰してから入れるタイプと水から煮出す2種類のやり方があります。

パッケージの方法通りに最初は取ってみて、もし薄かった場合は次回から、

・水から火にかけてゆっくり煮出す(弱火と中火の間くらい)

・沸騰して火を止めたあともしばらく置いておく

 

これをすると色も結構濃くなり、味もより引き出すことができます。

ただ逆を言うと雑味や酸味も出てきやすいので、煮物やお味噌汁向きです。

 

 

昆布を1枚足す

お吸い物やシンプルな鍋料理などの出汁がいきる料理を作りたい場合は、出汁昆布を1枚足してみてください。

出汁パックのうま味だけでは味が物足りないので、昆布でうま味を足すイメージですね。

 

昆布を事前に浸す必要はないので、

・水に昆布と出汁パックを浸けて、ゆっくり煮出す

ということをやってみてください!

 

味に丸みがでるので、これは結構おすすめ!

 

 

2パック使う

出汁パックを取る時、水は500ml前後。

もしそれで薄いときは、700mlくらいにして2パック入れたりもします。

お手頃な価格帯の出汁パックはこれがおすすめ。

500mlで2パックはなんかもったいない気がするけど、ちょっとお水の量を増やして2つ入れちゃえ~!という感じです(笑)

 

無添加の出汁パックで安価なものだと500円くらいで購入できたりするので、それで薄かったらぜひこれを試してみてください(^^)

 

 

 

おすすめの出汁パック

わたしも普段から出汁パックも併用しているので、いろいろなものを試しています!

今まで試したなかでのおすすめはこちら!

 

普段使い用

ふだん使う出汁パックは、手ごろでしっかり味が出るものがいい!

この福島鰹株式会社の出汁パックは、1000円ちょいで20パックも入っているのですごくおすすめ!

(出汁パックの相場は、10パックで700円~1,500円くらい)

20パック入ってこのお得感はほかに見たことないです…。

 

しかも、味も結構濃いめの出汁が取れます♪

なのでふだんのお味噌汁や煮物にぴったり!

なんにでも使えますよ~!

 

ぜひ試してもらいたい出汁パックです(^^)

 

 

しっかり作りたいとき

ちゃんと美味しい出汁を取って料理をしたい…!

というときにおすすめなのは、奥井海生堂の出汁パック

 

これね、美味しくてびっくりしました…!

わたしが試してきた中で一番美味しい出汁パックです。

 

味は、出汁パックと思えないほど、いい意味で普通に ”出汁”

そして沸いたときの香りもいい~香りです。

出汁って香りもとっても大事なのですが、なかなか出汁パックには期待できない。

でも、この奥井海生堂のだしパックはちゃんと香りがたつんです。

お値段が、7包で800円くらいなので、安価ではないですがとってもおすすめ。

 

・ぜひ美味しい出汁を飲みたい

・今日はちからを入れて料理したい

というときにはぜひご活用してみてください!

 

奥井海生堂さんは、勝手にめっちゃファン(笑)なのですが、ここは昆布もめちゃうまい。

 

キレイだし、昆布出汁もしっかり違いを感じられる。

種類も豊富なので、日々使うのがとっても楽しい!

 

あと、昆布粉も活用しています。

これは、昆布出汁を取り忘れたときに水に溶いて使ったり、昆布締めにしたいときに食材にパラパラと。

こちらも結構使い方便利なのでおすすめですよ~!

 

いつも神奈川の実家に帰ったときはお店に行きます(^^)

店舗は東京・日本橋にありますが、オンラインショップもあるのでぜひ!

 

 

 

IGTVでも話しています

過去のインスタライブで、

『出汁のメリット3つ・出汁パックが薄いときの対処法』についても話しています!

動画で聴きたいかたはぜひこちらをどうぞ♪

 

 

 

出汁を毎日取り入れよう

最初は出汁パックからでいいので、毎日取り入れることから始めてみてください。

お出汁を取り続けると自然とやみつきになり、食生活が整っていきます。

 

でもやっぱり一番美味しいのは、素材から引く出汁!

昆布出汁を沸かして、かつお節をいれたときの香りは本当に癒されます。

出汁パックに慣れたら、ぜひ昆布とかつお節から引く出汁にも挑戦してみてくださいね♪

お出汁にどんどんハマること、間違いなしですよ♡

 

 

 

おうちで絶対に美味しくできる出汁の引き方レッスンを開催しています。

オンラインレッスンもあるので、全国どこからでもご受講可能です。

ぜひ美味しい出汁を引いて、日々の暮らしを楽しく過ごしていきましょう。

レッスン一覧はこちら

 

-お出汁

Copyright© 料理教室Laugh a Lot | 京都 , 2020 All Rights Reserved.